AGAとは男性型脱毛症のことです

AGAとは何かご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで男性に現れる頭髪が薄くなってしまう症状のことです。

薄毛や脱毛は昔から男性が抱える悩みの1つだったようで巷には数多くの育毛剤が氾濫しています。

近年、ようやく医療機関で治療を受けられることが知られるようになりましたが医療費は保険が使えない自己負担診療になります。

されど、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも薄毛・抜け毛の症状が改善した人はグンと増えました。

ですが、悲しいかなAGA治療とは対処療法となりますので、投薬治療を辞めてしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療を安くしたいのなら育毛剤を使うのが良いと思います。

ミノキシジル配合の育毛剤は種類が多く医師の診断を受けずに買う事ができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入することは違法ではありませんが安全面で疑問がありますのでお勧めできません。

頭皮の血行を改善して細胞活動を活性化させることがミノキシジルの薬効なので同等の効果がある保険が使える医薬品で代用することもできます。

ストレスを溜めない事や飲酒を控えることもAGA治療には有効です。

AGA治療薬として定番のプロペシアは病院で医師の診察を受けて処方箋をもらう必要があります。

医薬品なのでドラッグストアで販売されておらず自由診療なので高価なことが難点でした。

近年では、プロペシアのジェネリック医薬品が販売され始めたので従来の半額以下まで価格が引き下げられるようになりました。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

先発医薬品で厳しい基準をクリアしていますから通常20~25年程度かかる開発期間が3年程度に短縮できるメリットがあります。

AGAは遺伝が影響して発症するので個人の体質に大きく左右されます。

AGA治療は対症療法なので薄毛が完全に治るというものではありません。

ですから、AGA治療を一旦止めてしまうと再び脱毛や薄毛が進行していくことになります。

とはいえ、AGA治療にも副作用が起りますからずっと使い続けるのというのも心配がありますよね。

ですので、ある程度の所まで薄毛が改善が確認できたらAGA治療を途中でやめると言うのも1つの選択肢としてありだと思います。

AGA治療には飲み薬のプロペシアや塗り薬のミノキシジルが使用されます。

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋を発行してもらわなければ買う事ができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は医薬品ではないので薬剤師がいる薬局やドラッグストアで買う事ができます。

ミノキシジルには内服薬もありますが国内でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

ミノキシジルの飲み薬はインターネット個人輸入が可能ですが100%自己責任なのでお勧めすることはできません。

AGAというものは成人男性に見られる脱毛症なので女性は発症しません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあると言われていますので治療には男性ホルモンを抑制する薬が用いられます。

AGA治療薬としてプロペシアという薬が使われますが、この薬品はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで効果を発揮します。

AGAの脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していてこの成分がヘアサイクルの成長期を短くすると考えられます。

成長期が短くなることによって頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうため全体的にひ弱な頭髪が多くなって薄毛が目立つようにってしまうのです。

AGA治療に励んでいる皆さんは日頃の食生活にも気を付けなければいけません。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりと言う食生活では偏った栄養バランスや塩分過多は血行不良の原因にもなります。

日頃から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂り亜鉛もきちんと摂取し抜け毛や白髪の予防をしていきましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品、ビタミンは緑黄色野菜など亜鉛は牡蠣やレバー、牛肉などに多く含まれています。

緑茶に含まれるカテキンは血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の毛の成長が短くなってしまうことにより発症してします。

AGAを発症してしまうと髪の毛が十分に成長する前に脱毛してしまうので髪質が細くなり短い髪の毛ばかりが残り薄毛が目立ってくるのですAGA治療にはプロペシアという飲み薬を用いてDHTの生成を抑制することで薄毛の改善を目指します。

プロペシアのほかにはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促し細胞分裂を活性化させる治療法もあります。

治療を併用することも可能ですが健康保険適用外のため費用がかかってしまうのが難点です。

AGA治療というものは保険適用外なので費用は100%自己負担になります。

日本でAGA治療が開始された時は万有製薬のプロペシアしかなくひと月1万円近くの費用がかかりました。

保険適用外の医薬品はドラッグストアで売っている市販薬と同じ扱いなので値段は販売店の判断で自由に設定することができます。

そのため、処方してもらう薬品であっても価格差が生じ処方箋薬局によって、数千円の開きがあることもありました。

また、診察を受けなければ処方箋を出してもらえないため再診料や診察料も都度発生します。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛(副作用の1つ)を誘発する場合があります。

せっかく髪の毛が生え始めたのに毛が抜けるというのは変な薬なんじゃないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬が効き始めている証拠なのでむしろ喜びましょう。

初期脱毛で抜けていく毛というのは不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくるというわけです。

初期脱毛を発症する期間はAGA治療を開始してから1から2ヶ月期間と言われミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

ネットでAGAの治療方法について検索すると画像付きで経過報告をしている体験談を見つけることができます。

一般的に治療を開始してから3ヶ月程度で効果が表れ始めるようで定期的に写真をアップしてくれているのでAGA治療の成果がよくわかります。

中にはヤラセや都市伝説みたいなサイトもありますが経過だけでなく、費用や薬を紹介してくれているサイトもあるので非常に参考になります。

AGA治療を開始すると初期脱毛など特有の症状が副作用として現れる場合があるので、実際の体験談が記載されていると心強いですね。

AGA治療に関するサイトというのは、人気が高いようでそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのかもしれませんね。

AGAは男性ホルモンが影響して発症するのですが生活習慣や食生活も大きく影響しています。

人間の身体というものは血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な身体の維持には血流を良くすることが大切です。

髪に必要である栄養素も血流によって運ばれてきますからAGA治療をしている人はまず、血流を良くするよう心がけましょう。

運動不足やストレスは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵ですが喫煙によるニコチンの摂取は血管を収縮させてしまうため薄毛治療の妨げとなってしまいます。

頭皮が固かったりうっ血している人はゆっくり入浴することなどが効果的です。

AGAを治療をする場合市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科医に診察してもらうことをおすすめします。

病院で処方してくれる薬は医薬品ですのでドラッグストアで販売されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬というのは保険が適用されないため市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を長く使い続けるよりは結果が出ます。

又、薬だけではなく日常生活でも頭皮ケアをすることによってぐっと効果が高まるのでおすすめです。

規則正しい生活はもちろんのこと、ストレスを溜めないことや脂っこいものや刺激物を控えてみてはいかがでしょう。

薄毛にお悩みの方はAGA治療は病院で診察してもらいきちんとした治療薬を処方してもらいましょう。

保険適用外ですので、全額実費となりますが市販薬よりずっと効き目がありますのでおすすめです。

効果は高くても副作用が心配で...という人にはミノキシジルというAGA治療を使うのも良いでしょう。

プロペシアと同様にミノキシジルもAGA診療ガイドラインで認められているので信用していい薬と言えるでしょう。

ミノキシジルには外用と内服薬がありますが、国内でAGA治療に認められているのは塗り薬の方だけとなっています。

AGAは親から遺伝するものですから治療で完治するものではありません。

AGAになるかならないかは引き継いだ遺伝子によって変わるので現在の医療では完治することはありません。

つまり、AGA治療をやめてしまえば抜毛や薄毛は復活してしまうのです。

しかしながら、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルは医薬品なので副作用がありますから、一生使い続けるのはいかがなものかと思います。

飲み薬であるプロペシアで乳癌になったという報告もありますから子作りなどのタイミングがやめどきだと思います。

引用:若ハゲ治療におすすめの病院なら!【格安料金のAGA治療】