住宅ローン借り換えできない場合はどうする?

住宅ローンの金利が最低時期な今こそが借り換えのチャンス!!と意気込んでも、実際に借り換えられない人もいると思います。
金利が下がって借り換えには良いタイミングですが、それがすべての人にとって絶好のチャンスとは限りません。
というのも、人にはそれぞれの人生があり、その人なりの絶好のチャンスがあるからです。
例えば、昨年入院してしまったという人は、団体信用生命保険の加入を義務づけている住宅ローンは借入が困難でしょうし、収入アップを狙って今年転職した!と張り切っている人でも、勤続年数不足で審査に落ちることは確実でしょう。
このような人は、住宅ローンの借り換えはできません。
しかし、「今できない」だけなので、時間が経ってしまえば入院歴や勤続年数の問題も解決しますから、「今は借りかえるタイミングではない」というように考え方を切り替えることが大切です。
住宅ローン審査通らない理由!審査基準甘い銀行は?【フラット35どう?】